オーダーメイドインソールって何だか特別なもの

そう感じている人が多いと思います

 

私には必要ないと感じているかもしれません

ですが、体感したら多くの人が必要だと感じるのも事実です

今日はそんなインソールについてのお話です

 

実はインソールって

眼鏡と一緒なんです

 

外出時の眩しいとき、紫外線対策にはサングラスをします

文字が見えない、車の運転に支障をきたすなどの際には眼鏡をします

これをインソールで表現すると

普段のウォーキングや様々な運動がより効率よく

より楽になるためにはインソールが効果的です

体を動かすと膝が痛い、腰やふくらはぎが張るなど

不調をきたす時にはインソールが効果的です

 

実際にインソールの有と無で歩けば簡単に体感できます

眼鏡と一緒で体感が一番です

なぜ効果が体感できるのか

 

それは普段の姿勢や歩き方のクセからくる

体のストレスを軽減させているからです

 

ちなみに下記の動画はインソールの有と無しの動画です

普段からインソールを入れて動くことで

より良いパフォーマンスが生まれることが理解できると思います

 

https://www.youtube.com/watch?v=jxR2Cd4Oe-0&t=16s

 

https://www.youtube.com/watch?v=2zim_k7hq40&t=3s

 

動画からも分かるようにインソールは

使い方によって大きな効果を生むのです

だからこそ私は日々多くのことを学んで

それを施術やインソールにどうやって応用しようかなと考え

より良いものを作ろうとし続けています

 

ちなみに

オーダーメイドインソールといっても

足の形だけを採寸したりするものや

スクワットなどのパフォーマンスで

力が入るかなどのチェック項目で

作成したりするものではありません

 

当院のオーダーメイドインソールは

いわば「動きにこだわる」インソールです

 

私がインソールで重要視しているのは歩行です

なぜならヒトがヒトであるための根源的な運動だからです

 

 

歩行というヒトの根源的な運動を阻害するほどのインソールの高さは

必ず余計な緊張を生み

身体機能に何らかの影響を与えます

 

だからこそ私が学んできたオーダーメイドインソールは

0.5㎜間隔で高さを調整し

動きを安定させると同時に

柔軟な足部の機能を保てているかを

歩行というヒトの根源的な動きをみることで

細かく評価しています

 

つまり、動きの効率がより良くなるように

身体により負担がかからないように

オーダーメイドインソールを作成しているのです

 

歩行で足は唯一地面と接し

身体の土台を形成する役割を担っています

 

そして、身体の骨は206個あると言われ

足にはその約1/4が存在しています

あの狭い範囲にそんなにあるのかと驚きませんか

 

そのくらい大切な場所という事なのかもしれません

そして、そんな大切な場所だからこそ

インソールの形や高さは人によって違うのです

まさに十人十色だと作っている私が痛感しています

 

だからこそあなたにピッタリのインソールを

鎌倉の整体院で体感してみませんか

 

インソールは眼鏡と一緒

眼鏡を選ぶように

あなたにピッタリのインソールを

姿勢と歩き方の改善に特化した鎌倉の整体院

動きのこだわりテーションで作らせてください(*^-^*)

 

どんな些細な事でもお気軽にご相談いただけたらと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。