「首が回らない」を理学療法士の視点で解説する

今回は「体の部分が入っている慣用句」について理学療法士の視点で解説したいと思います。 慣用句とは習慣として長い間、広く使われてきた言い回しのことです。   首(くび)は頭と胴体をつなぐ部分ですが、この首を使った…

「信じる者は救われる」を理学療法士の視点で紐解く

このブログは理学療法士の視点で、あなたのカラダの「知って得する情報」をお届けしています。   今回のテーマは「信じる力」についてです。 ある方法について、自分に効果があると感じて継続するのと継続しないのとでは、…

ボンボンに筋肉をつけさせる

  最近はより一層、よく笑うように行動をしている土屋です(^-^)   自宅にいて勉強する時間があると私はいつも相棒の「ボンボン」に筋肉をつけさせて体の動かし方やストレッチ方法を模索しています。 普段使っている…

入谷式足底板からプロフェッショナルについて考える

先日、師匠の園部俊晴先生のアシスタントとして、入谷式足底板の上級セミナーに参加しました。   入谷式足底板とは「オーダーメイドのインソール」のことです。 このインソールの特徴を一言で表現するなら   …

力が上手くでない人が陥る負のループ

  ヒアリングの基本がわかると 様々なことに応用することができます   例えば 信頼関係を築ける 人間関係で大きく困らない 自分自身について目を向けられる 論理的に物事を考えられるようになる 潜在意識…