先日、日本工学院専門学校で
「ヒアリング」の授業を
させていただきました(^-^)

 

ヒアリングのコツは
傾聴80%です

 

20%で欲しい情報や
相手に気づきを与える声かけや
質問を行います。

 

まだ現場経験がないので
いかにイメージして
必要性を理解してもらうかが
私の役割です

 

前回は「聴く」ための
心理学的スキルを伝え

 

今回は「伝える」、「共感する」ための
心理学的スキルを伝えました

 

それにしても
日本工学院は
でかい(笑)

 

さて、私の講義は普段から
私が行っている
治療内容をそのまま見せながら
「ヒアリング」に必要なスキルを
説明しています

 

このため、たくさん面白いことが起こります。

 

その1つが、授業外で起こる
カラダのお悩み相談(^-^)

 

実はお悩みを解決するコツ
つまり「結果を出す」ためのコツは
授業中にやっていることに他なりません

 

つまり、
①お悩みを聴いて
②気づきを与え
③それを理論的に伝え
④納得してもらう(共感しあう)

 

実は授業でやっている事が
普段私がやっている事なんです

 

この過程が大切なのです

 

それには「ヒアリング」のスキルを
知っているのと
知らないのとでは
結果が違ってきます

 

医学的知識は
実はこれからいくらでも
吸収できる学生だからこそ

 

その吸収の仕方
効率の高め方のヒントが
たくさん詰まっている授業
だと私は思っています(言い過ぎか…)

 

今は分からなくても
10年後
多くのヒントになればと思います

 

そして、授業中に
学生の皆さんにとって
夢が広がるよう
私からある
アンカリング
をしました

 

10年後に
どれだけの夢が叶っているのか
想像しかできませんが
私自身とても楽しく授業を行えました(^-^)

 

実際の現場で
少しでも役立ったら
これ以上嬉しいことはないです

 

もっと理解してもらうために
気づきを与えられるために
私も日々研鑽してまいります

 

学生の皆さん
これからをもって
前進していってください(^^)/

 

次回はヒアリングの授業をして
改めて感じたこと
についてお話させてください

 

それは力が上手く発揮できない」人が
陥る
負のループについてです(^-^)

 

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。