2月15日、雪が降り始めた湘南鎌倉エリアの大船で

乳酸菌の知識を得るためのセミナーが行われました

 

乳酸菌は腸の環境を整えてくれてカラダに良い

くらいの知識しかない人がほとんどです

 

何がどういう過程でカラダに良いのかが分かれば

こういった場合・症状においては

どういった効果が得られやすいのかを考えやすくなります

 

生物学的、生理学的観点という

医学的な専門内容を

一般の人に分かりやすく

しかも丁寧に解説してくださいました

 

皆たくさんメモを取っていました(*^-^*)

 

私は藤沢・鎌倉・大船エリアで

姿勢や歩き方の改善を図るために

施術やオーダーメイドインソール

エクササイズを提供しております

 

理学療法士でありながら

病院ではなく整体師として

現在診療をしておりますが

この知識は確実に役立つものです

 

私も毎日、教わった内容を基に乳酸菌を摂取しております

 

私もそうですが、カラダが資本であり

このカラダの健康をどう維持させるかは

結局のところ食事や運動や睡眠と

日々の生活習慣・行動習慣によるのだと思っています

 

そしてその習慣をつくるのが

私自身、あなた自身の考え方です

 

そのためにもカラダのことを勉強して

私やあなた自身が必要だと思う内容を

考えるきっかけが非常に大切だと私は考えています

 

腸内細菌の役割は大きく3つに分けられ

カラダにとってとても重要は働きをしますが

その腸内細菌のエサとなるのが乳酸菌です

 

専門用語でいえばBRM

(免疫賦活物質:めんえきふかつぶっしつ)

と言われています

 

そして乳酸菌にも様々な種類が存在し

どういった乳酸菌を選び摂取するかが重要なのです

 

セミナーでは乳酸菌を選ぶ3つのポイントを

医学的観点から本当に分かりやすく説明していただきました

 

データの解説まで非常に分かりやすかったです(*^-^*)

 

姿勢や歩き方を診ることは、カラダの

柔軟性や筋肉の状態を診ることに他なりませんが

その柔軟性や筋肉の状態を改善させるために

こうした腸内環境についての知識も非常に重要です

 

実際に腸内環境が改善して腰痛が改善し

そして姿勢が楽に保てるようになり

日常生活に必要なカラダの動かし方が

得られるようになった人はいます

 

カラダのことを知るとは

本当にたくさんの学びと

気づきが得られますね(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。