Kendallの姿勢分類の重要性では姿勢の重要性についてご紹介しました

今回はその中のカイホロードシスな姿勢についてふれたいと思います

 

ニュートラルな姿勢スエーバックな姿勢については前回ご紹介しましたが

このカイホロードシスな姿勢はスエーバックと同様に

背中が丸くなりやすいのが特徴です

 

 

 

スエーバックと何が違うかというと、腰の反り具合です

(左:カイホロードシス 右:スエーバック)

 

スエーバックは背中が丸くなるにつれて

腰の上の骨も丸みを帯びやすくなりますが

カイホロードシスは腰は丸みを帯びることなく

腰が反っている状態と言えます

 

もちろん、スエーバックと同様に

カイホロードシスのヒトは

加齢に伴い背中が主体に丸くなる傾向は変わりません

 

しかし、スエーバックと違って

反り腰を軽減させる運動が必要になります

 

このためスエーバックとカイホロードシスの

姿勢変化を予防する体操は少し違うことを理解しておいてください。

これは体験すると納得できると思います(*^-^*)

 

ちなみに私はスエーバックの姿勢です

このため気が抜けると背中が丸くなってしまします

メリットは腹筋運動が行いやすいこと位です(笑)

 

さて、レントゲンやMRI、血液検査などで健康診断をするように

姿勢の状態を定期的にチェックして

カイホロードシスに合った

背中が丸くならない運動や

ストレッチ方法を知ることも健康づくりでは大切です

 

 

是非、自分の姿勢がどうなっているのかを知りに来てください

たくさんの気づきが得られると思いますよ(*^-^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。