NEWSニュース

2020年12月20日

医療従事者の編集員がおすすめするエクササイズ!腸腰筋と中殿筋を使って姿勢を整えよう

NEWS ブログ



今回、あの荒木茂先生の新刊「マッスルインバランス改善の為の機能的運動療法ガイドブック」を編集させていただきました。

本の内容についてはnoteの記事で紹介していますので、こちらをごらご覧ください

ここでは、本に載っているエクササイズで私が実践しているおススメの運動2つをご紹介したいと思います。

2つとも丁寧に10回やるとかなり効き、姿勢改善や歩き方の改善につながります

お尻美人にもなるかも…(笑)

痛みを伴う場合は、すぐ中止して、痛みのない範囲で正しく行いましょう。
(普段運動していないと、「こんなことが出来ない…」と気づくはずです)

それではさっそくやってみましょう。

①腸腰筋伸張エクササイズ




骨盤の前にある筋肉で、ありとあらゆるパフォーマンス向上のカギを握るのが腸腰筋です。

股関節を曲げる筋肉ですが、この筋肉は縮こまりやすい特徴があります。

私は靴下をはいた状態で足を滑らせながら行っていますが、写真の様にタオルを置いて行っても良いです。

【開始姿勢】
壁やベッドなどにつかまって、足を少し後ろに引いて立ちます。

【方法】
体幹はまっすぐを意識したまま、腰を反らさないように、足を後ろに滑らせます
この時、股関節から動かすようにします。
徐々に距離を伸ばし、股関節の前の筋肉を伸ばし、ゆっくり開始姿勢に戻します。

どうです?

やった後に歩くと、脚が勝手に前にでませんか?
(私は左右共に10回行っています)

是非お試しください。

 

②中殿筋エクササイズ



お尻の横にある筋肉で、姿勢や歩き方を綺麗にしてくれる働きがありますが、衰えやすい筋肉でもあります。

私は写真のように、定期的に中殿筋を賦活させるトレーニングをしています。

やったら分かりますが、お尻の後ろの横部分がかなり疲れます(^-^)

お尻以外に力が入っている場合は、うまく出来ていません。

【開始姿勢】
壁の前で横になります。
後頭部と肩甲骨、お尻の仙骨と踵を壁につけます。

【方法】
ひざのお皿を少し上に向けるように意識して、踵で壁を押しながら脚をゆっくりと上げていきます
この時、骨盤や腰が動かないようにして、股関節だけを動かしましょう
さらに、後頭部、肩甲骨、お尻の仙骨が壁から離れないようにします

どうです?

かなり効きますよね(^-^)
お尻を意識して左右ともにやります。
(私は左右共に10回行っています)

是非、お試しください。
動きのこだわりテーション

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

090-5780-2343