臨床的に多く遭遇する
動きの制限」と
痛み」について
医学的にアプローチを展開するために
必要となる1冊

膝関節拘縮の評価と運動療法

 

動きの制限の多くは
拘縮を伴い
拘縮の治療概念は
全てのアプローチの基盤となります

 

リハビリの世界ではあまりにも
有名な林典雄先生が監修し
自慢の教え子である
橋本貴幸先生が執筆しております

 

林先生の監修の言葉を
読むだけで感動してしまう…
そんな書籍です(^-^)]

 

余談ですが、私も膝マニアなので
noteで膝の重要性について
一部ですが紹介しています(^-^)

https://note.com/ugoki/n/n15975ab11c65

 

 

さて、今回はこの

膝関節拘縮の評価と運動療法

について述べたいと思います

 

膝に限らずですが
私たちができること
運動に限らず
食事であろうと
睡眠であろうと
結果として
次の3つに集約されます

 

 

①柔軟性を高めること

②力が発揮できること

③バランスが整うこと

 

3つを可能にすれば
カラダはより良い方向へ
変化すると感じています

 

そして

膝関節拘縮の評価と運動療法」は

 

①柔軟性を高めるための
方法が詳細に記載されています

 

さらに、この方法は
予防にもつなげることが出来る
優れものです(^-^)

 

さて、拘縮とは
「他動的に関節可動域が制限された状態を意味する医学的用語」
のことです

 

この拘縮が主に

 

皮膚で起こる場合

 

筋肉で起こる場合

 

靭帯で起こる場合

 

筋肉が骨に付く腱で起こる場合

 

骨と骨をつなげる関節包で起こる場合

 

の具体的なアプローチ方法が記載されています

 

と言っても
まずこの区分けができるだけでも
かなりの力になります

 

なぜならレントゲンを撮って
変形しているからと言われて
湿布を貰っても
拘縮は改善しないからです

 

拘縮が改善すると
柔軟性がその場で高まります
だから動きが楽になりますし
実際に痛みも
その場で改善することが多いです(^-^)

 

百聞は一見に如かず

 

是非、一読くださいませ~(^-^)

膝関節拘縮の評価と運動療法」は

私の師匠が編集した渾身の作品です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。