先日、大船のとてもすてきな空間で

形態構築アプローチのセミナーを開催しました。

ネクトン大船という所です)

形態構築アプローチとは

理学療法士の山嵜勉先生が考案した概念で

ヒトの形態を再構築することで

カラダの機能を高めるアプローチを言います

 

今回は立った姿勢の意味とその捉え方を説明して

実際に足部からアプローチすることで

本当に変わる

ということを皆で体験しました

 

「あ!歩きやすい!」

「こうするとフラフラする」

「これは嫌な感じがする!!」

「これ、とても良いです!軽く動ける!!」

 

二人一組でお互いに

立った姿勢からカラダの状態を予測して

実際にパフォーマンスを変えてみる

 

そのパフォーマンスの良し悪しを皆で

共有しながら楽しく学ぶことができました(*^-^*)

 

今回の内容を踏まえて

書籍の形態構築アプローチ

読んでいただくと、

「これはこういう事か!」

と理解しやすくなると思います

 

これからも、ネクトン大船から

臨床で役立つ内容をたくさん

アウトプットしてまいります!!

 

形態構築アプローチについて

ちょっと知りたいな

という方はこちらをご覧ください(^-^)

 

それではまた次回!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。