形態構築アプローチとは

ヒトの形態を再構築することによって

運動機能の向上を図る手法です

 

形と機能は常に相関する

この概念で発展した学問に

整形外科があります

 

整形外科の始まりは

1741年でNicolas Andryが

小児の変形を矯正するための学問

として始めたと言われ、その後

1906年に田代義徳が日本へ伝えたと

言われています(整形外科の先生にも確認済み)

 

現在2019年(令和元年)

このヒトの形と機能について

明確に記されている書物は

実は存在していません(ガーン!!)

 

知りたいことが書かれていない…

なら考えるしかない…

と形態構築アプローチを考案した

山嵜勉先生にいろいろ聞くと

 

ヒトという動物と

他の動物を比べるのがいいよ

 

なるほど!!いつもありがとうございます(笑)

 

ヒトの解剖学、運動学、生理学が理解できているから

そこから他の動物と比較して

機能の違いなどを考察すれば

ヒトという形と機能の意味が見えてくるのかもしれない

 

と言うわけでいろいろな書物を読み漁り中です(*^-^*)

 

形態構築アプローチについて知りたい

もっと深く学んでみたい

興味があるという方がいたら

ご連絡いただけたら幸いです

 

こうした進化の過程とヒトの機能について

興味のある人だけ集まって

今ある知識をすべて伝えて

発展させていきたいと思います(*^-^*)

 

興味あり!!の方

ugokoda@gmail.com

まで興味あり!!とドシドシご連絡ください!!

その際、①名前 ②職種 ③noteのアプリに記載されている形態構築を見たことがあるかどうか

この3つを表記していただければ幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。