今は異端、だが10年先はスタンダード

だから君は先の先をみなさい

山嵜勉先生に言われて、先をみた事を話そうと思ったのです

 

先日、新大阪でメディカルフィットネスセミナーが行われました

そこでヒトの身体の動きに介入するサービスを提供する私たちが

より効果的なサービスを提供するために

姿勢と歩行の本質についてお話をいたしました

 

学校では学ばなかった(今はわかりませんが)

物理学をヒトの身体にしっかり応用して

姿勢と歩行を変える方法論とその重要性をお話しました

 

物理学は古典物理と相対論と量子論

3つに大きく分類することができ、簡単に言うと

古典物理は物体が運動する法則について

相対論は光の速度について

量子論はとっても小さい物質についての学問です

 

姿勢と歩行を古典物理の観点から理解することって本当に重要なのです

 

今は量子力学が主となっており、

その観点からのアプローチももちろん重要だと思います。

 

ただ本質を理解できれば応用の幅が広がるのです。

 

その具体的内容をなるべくわかりやすく説明したつもりです(*^-^*)

これが10年後にはスタンダードになるのだと感じながら。

 

さて、今度は2月24日(日)大宮(パレステル大宮:JR大宮駅西口徒歩3分)で14:00から行います。興味のある方はご相談くださいませm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。