医師と言えばパソコンとにらめっこして

話もスパッと終わり

結局お薬や紙一枚の症状のパンフレットを渡されてお終い

というイメージがありませんか?

 

鎌倉の病院で私が勤務していたころ

大変お世話になった整形外科の先生が

千葉千絵里先生です

 

千葉先生は先ほどのイメージを覆します

的確な診察と治療に加えて

患者さんにもしっかり寄り添ってくれます

 

先生の評判はリハビリ室まで届くほどです

そして何より理学療法士を大切にしてくれます(*^-^*)

 

病院を私が去った後もこうやって会ってくれます

本当に感謝の気持ちしかありません

そして、そんな恩師の千葉先生と今度一緒に健康関係の仕事を行います

 

私は理学療法士としての視点から話をして

千葉先生は医師としての視点から話をします

とっても面白い内容になりますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。