その痛み、筋トレで改善すると思いますか?
筋トレは、体の機能を高めることで、痛みのストレスを減らすことができます。
実際に筋トレをしてみると、右と左で違いがあったり、ちょっとやっただけで疲れたり、意識の向け方で効き方が違ったりと、運動の奥深さを自覚することができます。
筋トレで痛みを改善できる人の特徴は、筋トレ中は違和感や軽い痛みがあっても、運動をやめると痛みが消失し、さらにその後、痛みの出る動きをしたり歩いたりすると、痛みが改善している人です。
この特徴の様に「その場で効果を感じない場合」は、筋トレを見直しましょう。
痛みのある動作を しても痛みが半減 または消失している痛みの改善違和感や疲労 痛みが消失する 休憩違和感や疲労、 軽い痛みを自覚 筋トレ中
間違った筋トレは逆効果!
筋トレをした直後、実際に痛みの出る動作をして、「痛みの程度」をチェックしましょう。「痛みがあまり変わらない」と感じたら、継続しても目立った効果が得られにくく、少し方法を変えたとしても、あまり良い結果に結びつかないことがあります。
病院で働いていた頃の私は、教科書や海外の文献通りに「効果的とされる筋トレ」を、痛みのある方に提供していまいた。実際に効果的な人もいましたが、「あまり変わりません」とか「なんか痛いんですけど…」とか「体がかえって重く感じます」と言われることもたくさんありました。
私は「教科書に書いてあるんだから大丈夫だ」と思い、「しばらく継続してみてください」と言い続けていましたが、目立った効果が得られることは少なかったです。なぜなら、その人にとっては教科書に書いてある筋トレが効果的でなかったからです。
こうした経験があったからこそ、今では「その人に必要な筋トレ」を提供できるようになりました。
効果的な筋トレは、人それぞれ! 理学療法士のアドバイスがおすすめ
理学療法士は、運動指導をするプロフェッショナルです。私が筋トレを指導する場合、その筋トレが効果的ではないと判断したら、すぐに別の方法を模索します。そうしないと「痛みの迅速な改善」につながりにくいからです。
運動を継続して痛みの改善を図るには、効果を体感し、納得しながら、痛みが改善してきている実感が得られないといけません。
痛みを改善させるための筋トレにはコツがあります。もし、痛みのある場所の筋肉や、その周りの組織が硬かったりすると、筋トレが効果的に行えません。自分に一番効果的な筋トレ方法を知るには、正しい知識を持った理学療法士に評価してもらい、正しいアドバイスをもらうことをおすすめします。
百聞は一見に如かず。もし、自分に必要な筋トレで痛みを改善させたいなら、今すぐこちらからご連絡ください。

お問い合わせ

トップページに戻る

その痛み、ストレッチで改善すると思いますか?
ストレッチは、体の強張りを改善させることで、痛みのストレスを減らすことができます。
ストレッチをしてみると、左右差があったり、以前出来ていた動きが出来なくなっていたりと、体の硬さを自覚します。こうしたストレッチで痛みが改善する人の特徴は、ストレッチした直後に体が楽になり、痛みが「その場」で改善する人です。
この特徴に当てはまらず、「イマイチかも…」と感じたり、「毎日やればそのうち…」と思って継続してストレッチを行ったとしても、目立った効果は得られません。
痛みのある動作を しても痛みが半減 または消失している痛みの改善スッキリした感覚 体が楽になる感覚休憩痛みではなく 気持ち良い感覚ストレッチ中
効果を感じられないストレッチは意味がない!
理学療法士は、運動指導をするプロフェッショナルです。私は、ストレッチはその場で効果を感じたものでなければ「痛みの迅速な改善」につながりにくいことを知っています。
病院で働いていた頃の私は、教科書や海外の文献に書いてある通りに「効果的とされるストレッチ」を、痛みのある方に提供していまいた。もちろんそれで効果的な人もいたのですが、「あまり変わりません…」とか「なんか痛いんですけど…」とか「体がかえって重く感じます」と言われることもたくさんありました。
それでも私は、教科書に書いてあるんだから大丈夫と思い、「しばらく継続してみてください」とアドバイスしていました。でも、目立った効果は得られませんでした。理由は行っていたストレッチが、その人にとって効果的ではなかったからです。
ストレッチをやった直後に痛みの改善など、効果を実感できない場合、長い目で見てもおすすめ出来ません。教科書の内容ではなく、その人にとって本当に必要なストレッチが何なのかを考える必要があります。
ストレッチも理学療法士のアドバイスが効果的です!
一般的にストレッチは、体を柔らかくし、関節の動く範囲を増やすことで、関節の負担を減らすことが出来ます。しかし、ストレッチをしても関節の動く範囲が増えない場合、当たり前ですが関節の負担は減りませんので、痛みの改善は得られません。
また、ストレッチが強すぎて翌日に筋肉痛が出たり、体が逆に硬くなってしまう場合もあります。これを毎日継続したらどうなるでしょうか?
ストレッチを行った直後に体がまだ重い・硬い、なにより痛みがあまり改善しない場合、他のストレッチを試すか、他のケア方法を試すことを「強くおすすめ」します。
もし、自分に必要なケアを理解し、痛みを改善させたいとお考えなら、今すぐこちらからご連絡ください。

お問い合わせ

トップページに戻る

その痛み、マッサージで改善すると思いますか?
マッサージをすることで、血行を改善し、痛みのストレスを改善することができます。
マッサージをしてみると、特に硬くなっている場所が分かったり、左右の違いが分かったり、そもそも堅いことに自覚していなかったりと、「血行不良の状態」が体感できると思います。マッサージで痛みが改善する人の特徴は、血行を改善させることで体が楽になり、痛みが「その場」で改善する人といえます。
もし、マッサージをしても「痛みはそこまで減らないな…」とか「楽にはならないけど、継続すれば…」などと感じた場合、そのマッサージを継続しても、痛みの改善は得られにくいことが多いです。
痛みのある動作を しても痛みが半減 または消失している痛みの改善温まる感覚 ほぐれた感覚休憩コリやハリを自覚 気持ち良い感覚マッサージ中
マッサージだけでは足りないこともあります。
私たち理学療法士は、マッサージなどを含めた「徒手療法」を得意とするプロフェッショナルです。マッサージをして、その場で痛みが改善しない、もしくは隙間時間に自分でほぐしても痛みが改善してこないようであれば、長期的にみても痛みは平行線、または悪化してくる場合があります。
その場合、私なら「マッサージだけでは圧倒的に足りない」ことを説明し、別の方法をおすすめしています。
病院で働いていた新人の頃、私は学校や実習で習った通りに、マッサージを含めた「徒手療法」というものを行ってきました。全身をチェックしながら、硬さをとり、少しずつ痛みの改善を図ろうとしていました。でも、次来た時には元の状態に戻っている、という「いたちごっこ」のようなマッサージを行っていました。
たとえマッサージを行なっている間は心地良くても、その後の痛みの改善が得られないのであれば、そのマッサージは効果的とは言えません
専門家のアドバイスで自分に必要なケアを
一般的にマッサージは、血行を促進することで、体の柔軟性が高まり、関節の負担を減らすことで「痛みの改善」が得られます。でも、痛みの原因が血行の問題でなければ、マッサージをしても痛みを改善させることは出来ません
大切なことは、マッサージやストレッチ、筋トレなど、どの方法で痛みが改善するかを専門家に診てもらって、自分に必要なケアが何なのかを理解することです。もし、自分に必要なケアを理解し、痛みをしっかりと改善させたいなら、今すぐこちらからご連絡ください。

お問い合わせ

トップページに戻る